俺のチラシの裏

結構検証が適当なので当てにならないことを言います。 twitter: @__MaRTh (スマブラ垢), @noko_ika (スプラトゥーン垢)

Wii U に関するラグ解消のすべて

最近wiiuで実際にできるラグ対処法、ラグ対策について聞かれたので、それらについてまとめておきます。

ガバ検証かつネットワークエンジニアでも何でもないので、あんまり言ってることに責任は取れません。自己責任でお願いします。
また、記事が長いので、しっかり読むのは時間のあるときにした方がいいと思います。

結論

下の文章を全部読むのめんどくさいと思うので、先に結論だけ書いときます。

  1. 有線を使おう!ケーブルの速度の規格に注意!

  2. できれば1000Mbps(1Gbps)の光回線を使おう!怪しい会社と契約しないように注意!

  3. 弱い回線の場合はニコ生やskypeをしながらやるとラグがもっと酷くなるよ!

  4. テレビの映像モードをゲームモードにしよう!更に反応速度に拘るならモニタを使おう!

  5. その他の工夫は基本的に誤差だよ!

WiiUの通信速度に関する基礎知識

以下、細かい解説です。

ping値とは

簡単に言うと、『wiiu同士で、どれだけ応答が早いか』というものを表す数値です。
単位はms(ミリ秒)です。
ping値はwiiuにおけるネット対戦で最も重要な数値です。
数値が少なければ少ないほど優秀な回線と言えます。

  • 1 ~ 20 ms → 理想
  • 21 ~ 40 ms → ラグを感じることはほぼ無い
  • 41 ~ 60 ms → ラグを感じるかもしれない が、通常通りプレイできる
  • 61 ~ 80 ms → かなりラグい
  • 81 ~ ms → 論外。普通にプレイできない

pingは一応wiiuのブラウザで測りましょう。
簡易的にこのサイトで計測できます:http://www.bandwidthplace.com ※計測のために接続する先のサーバが日本でない場合、適切に計測出来ないことがあります。その場合は手動で変更してください。

ダウンロード速度、アップロード速度とは

ダウンロード速度とは、もちろん、『1秒あたりにダウンロードできる量』のことです。
単位は Mbps で、メガビットパーセカンドと読みます。
一般的に8ビットで1バイトとされているので、100Mbpsは、「1秒あたりに12.5メガバイトダウンロードできる」ということになります。
アップロードに関しても同様です。

pingとダウンロード速度の違いは?

pingは対応速度に関しての数値に対して、ダウンロード速度はどれくらいの量を捌けるかということを示している点で異なっています。
pingを詳しく説明すると、『こちらが投げた情報を相手PCが反応し、それに対する反応を自分PCが受け取るまでにかかる時間』のことです。
それに対して、ダウンロード速度というのは『相手PCから一方的にデータを投げてもらい、どのくらいの速さでデータを手に入れられるか』ということだからです

pingはなぜ一番重要?

スマブラの熱帯で、プレイヤー同士が共有すべき情報は、

  1. どのタイミングで

  2. どんな乱数の状況で

  3. どんなキーを入力したか

ということです。

乱数の状態とキー入力なんてデータとしてはかなり小さいのでダウンロード速度はそこまで高い必要はありません。
その代わり、どのタイミングで入力されたかが重要で、それはping値が高くないと実現できません。
ということは、ラグの有無はpingが高いか低いかにかなりかかっているのでpingが最重要です。

その他

動画のダウンロード中にネット対戦をしたらラグが起こるか、という問いに関しては “YES” です。
ただ、同時に何かをするっていうのはルーターの余裕度をちょっと下げるってだけなので、
どのくらいラグが出るかというのはその環境によります。
それでもラグがあまり発生しないことが殆どかと思います。
また、マンションや集合住宅などの類だと、時間帯によって通信の良し悪しに差がある時があります。
それは、同じマンションの住人が何かを大量にダウンロードしてるから遅くなってる可能性があります。

他には、wiiuが100Mbpsの速度でダウンロード/アップロードができるかどうかは自分には判断できませんでした。
wiiuのブラウザの性能が低いせいで、計測サイトから正しい速度でダウンロードできてないからです。
さらに言うと、ゲームに於いては普通はudpという方式を採用するのに対し、webページの閲覧などはtcpを使うため、ハンドシェイクのタイミングが違います ping値に関しても正確には測れないと思います。

最も大切なことは、やはりネット回線の選択と有線であること

ぜひ有線を使いましょう

有線である方が当然良いです。有線の準備をするのに約3000円かかると思いますが、快適にプレイしたいのなら買ってしまいましょう
『買う理由が金ならやめとけ、買わない理由が金なら買っとけ』ってやつですね。
買うものは2つで、lanケーブルと、USB LANアダプタです。
それらに関しては、両者少なくとも100Mbps対応してるものを買いましょう。
1000Mbps(1Gbps)対応でなくて良い理由は、nintendo公式のlanアダプタの最高速度が100Mbpsだからで、
これ以外が出ていないのはそれ以上の速度をWiiUでは捌けないということを意味しているはずだからです。
他の根拠としては、端子がusb2.0までしか対応していなくて低速だからです。 もちろん1Gbps対応の方が明らかに良いですし自分もそうしてますが、
要するに100Mbps以上で対応してるものを買えば問題ないと考えてください。
家を漁れば出てくるようなlanケーブルでは、実は100Mbpsに対応してないことがまれにあります。
コードに書いてある文字列を見れば確認できますが、ケーブルが古かったりして自信がない場合は買い直しを検討しましょう。
USB LANアダプタも同様です。USB LANアダプタに関しては、よくわからなかったらnintendo純正のものを買ってください。
これも勘違いされる人が多いかと思いますので注意してください。

※ 実は、電波があまり混雑してなく、なおかつ無線親機がwiiuに近いのであれば有線とのラグの差が少ないと聞いたことがあります。
実際に自分でもPCで試しましたが、自分でとったベンチマークを見る限りその通りでした。
まあスプラトゥーンをやっても無線であるゲームパッドの入力がラグいと感じる人はあまりいないでしょうし、
詳しくないですが無線のラグなんてそういうものなのでしょう
でも電波が混雑するかどうかはいつも保証できるものではないので、気分のためにも有線を使うのをお勧めします

ネット回線の選び方について

今は時代が変わり、前の契約を一旦しめて乗り換えた方がコスパが良かったりするため、読んでおいた方がいいかもしれません。
絶対に回線を変更する気がない場合は飛ばしても大丈夫です。

最近の回線事情について、まずは最大通信速度について書いておきます。
光回線を選ぶのは当然としますが、実はそれらの最大速度は契約内容によって異なります。 このサイトなどを見ていただければわかりますが、
現在、最大通信速度として主流なのは 100Mbps と 1000Mbps です。
これに関しては絶対に 1000Mbps をお勧めします。(世界最速でやりたかったらNURO光の2000Mbpsですが、そこまでは不必要だと思います)

人昔前までは、100Mbps というとかなり高速でした。実際のところ家庭向けには100Mbpsで十分すぎます。
しかし時代は進み、当時自分では化け物級だと思われていた1000Mbpsが手近になってきていて、
販売者側は100Mbpsの回線はあまり推してこなくなりました。
そのため、料金的にも結局は1000Mbpsの方が安かったりします。
実際にFlets光の契約内容を参照すると、最大100Mbpsのプランの場合、「320MBまでなら2300円~、1320MB以上は5100円で定額」と書いてあります。
携帯での通信速度規制がかかるのが7GBだとすると、とても貧弱な数値ですね・・・
参考までに書いておくと、スプラトゥーンのオンラインを4,5時間ほどプレイすると1320MBくらいは通信します。
それに対して、1000Mbpsのプランであれば3450円で、通信量による速度規制は基本的になしだそうです。

あともう一つ、最大速度が1000Mbpsであったとしても、それは理論上の数値なので実際は1~3割ほどの速度しか出ません。
これはプロバイダ選びなどによって変動しますが、1000Mbpsはどうやったって出ません。

次に、そのプロバイダ選びです。
プロバイダとは光回線をインターネットにつなげる事業者のことで、これでハズレを引いてしまうと
回線速度が落ちてしまったり、時間帯によって速度に波が発生してしまうことがあります。 これに関してはネットの情報を頼りにするしかないのですが、OCNやYahooBBが人気だそうです。
マイナーなものを選ばなければ問題ないです。
昔使っていたのですが、Freebit系のYournetというプロバイダは
訳あって迷惑メール業者が大量に集まって使ってたりするためとても不安定で、
なおかつプロバイダ側の会社のサポートも悪くゲーム用には向いていないと感じました。
今はSoftbank光を使っていますが、快適と感じています。

モニタの反応速度が原因のラグ

これはオンラインだけでなくオフライン環境でも起こりますが、
テレビなど、ゲーム画面を映す機器が原因でラグが起こっていることもあります。
この理由では相手側にラグが発生することはなく、自分だけ一方的にラグがある状態になります。

解決策1.テレビの映像出力モードをゲームモードにする

普通のテレビのモードだと、『データを受信する→ちょっと色調を加工する→画面に出力』する
の段階を踏むのでラグが出ます。
ゲームに適したモードが用意されてることが多いので、リモコンをワチャワチャ使って解決しましょう。
ゲームモードにする設定がないテレビもありますので、そのようなテレビはおすすめできません。

解決策2.WiiU用にモニタを買う

モニタはテレビとは違い、受け取ったデータをそのまま加工せずに表示します。
そのためラグは少なく、だいたい遅延は5ms(0.3フレーム分)が多いです。
BENQ製のモニタは応答速度を2msって話を聞きました。
応答速度だけで言えばブラウン管が最速ですが、画質とじらつきに難ありです。

悪あがき程度のラグ解消方法について

ここから先はPCに慣れてる人だけ行えばいいと思います。
場合によっては、高速化したつもりになってるだけで低速化をしてしまうこともあるからです。
手間の割にはあまり速度が変わらないので、手をつけなくても良いと思ってます。

WiiUで実際に行えるあがきだけ記載しておきます

方法1.ルーター設定の最適化をし、無駄なプロセスを止める

普通に、PCから 192.168.1.1 や 192.168.10.3 というアドレス(環境によって値が変わります)をブラウザから開き、 ログインして設定を変更しましょう。
ログイン情報は回線の契約書類に書いてあると思います。
有線しか使わないのに無線を飛ばしてるならそのプロセスを止める、などして負荷を減らしましょう。
面倒な割にメリット少ないので、普通に使うプロセスは止めないようにしましょう。

方法2.mtu値の最適化をしよう

wi-fi設定画面の詳細設定を押すと、mtuとかいう入力欄があると思います。
何に使うんだろうと思ってスルーしてた人も多いと思いますが、そこを工夫すると速度向上につなげることができます。
mtu値とは、通信を安定させるために使用する値のことです。
http://www.speedguide.net:8080/ ←をPCなどで開き(携帯回線のスマホなどではダメです、せめてwiiuからで)、
MTU = という部分をそのサイトから探しましょう。
その右辺にある数値がその回線の最適なmtu値なので、それをwiiuwifi設定画面から入力してください。
このくらいwiiuが自動で最適な数値を採用してくれればいい気がするんですけどそこまで気が利いてないらしいですね・・・・

方法3.DNSサーバの設定を"しないように"しよう

これに関しては、他のサイトだと「DNSには8.8.8.8と8.8.4.4を入れなさい」と書いてあるかもしれません。
確かに、回線が一定に安定するかもしれないが、それをした時の方がping値が約1msほど高く(遅く)なるそうです。
そのため、DNSの設定は不要だと思っています。
何故何もしない方が早いのかというと、8.8.8.8などはGoogleDNSサーバですが、
ISPが提供するDNSキャッシュサーバを使っている方が早いことが多いからです。

結局のところ、ラグ対策では光有線を使うのが一番大切です。
けど、自分も含め、ラグラグ文句を言う前にもっと知識を蓄えた方が良いかもしれません。
無線だから絶対遅い、という時代はもう終わりました。